HOME > 開催スケジュール > 2017 > 向上心–自己成長のスパイラル



 

 ●  リーダーとしてこのままではいけないと思っている・・・
 ●  部下との関係がうまくいっていないと感じる・・・
 ●  自分が何のために誰のために頑張っているのか、わからなくなる時がある・・・
 ●  自分をどう高めていったらいいのかわからない・・・
 ●  会社の成長に自分が付いていけているのか不安になる・・・
 ●  リーダーとしての自信が持てない・・・
 ●  リーダーとしての自分の強みと弱みがわからない・・・
 ●  魅力的なリーダーでいるために何をしたらいいのかわからない・・・

 
 

今回はこのようなことをお考えのビジネスリーダーの方に特にオススメのセミナーです。
 
 


 ▼「組織の成果」その最大値を決めるのは、「あなた」


 
リーダーの器が、組織の器。
組織の成果は、リーダーの器を超えては、 
決して大きくなりません。
 
未だ手にしたことのない壮大な未来を手に入れるには、
「それにふさわしい自分」と「現在の自分」は「違う」という、自己理解が不可欠です。

大きな成果を得たいのであれば、 
その成果を得るに「ふさわしい自分」へと、 
自分を成長させ、変化させなければなりません。
 
しかし「自分を高め続ける」ということは 
口で言うことは簡単でも、実行するのが難しいもの。
 
結果を出し続けるリーダーは、
いったいどうやって、 
自己成長を続けているのでしょうか?

 


 ▼結果を出し続けるリーダーの「共通点」


「自己成長」とは、現在とは違う自分に向かって、 
自分の能力を一歩一歩、変化させていくことです。
 
それでは、その長い旅路の「第一歩」は、 
いったい、どこから始まるのでしょうか?

 
実は、その第一歩は「自己理解」から始まります。
自己成長とは「得たい未来を得るにふさわしい自分」へと、 
自分自身を変化させていくこと。

 「今、自分がどこに居るのか?」を理解しない限り、 

その旅路は、決してゴールにはたどり着きません。

自分の「強み」とは何か? 自分の「弱み」とは何か?
それらを、しっかりと把握し、 

真摯に向き合っていくこと無しに、 
自己成長は有り得ないのです。

また、結果を出し続けるリーダーは、

 「いくつかの共通点」と
「自己を高め続ける習慣」を持っています。

しっかりとポイントを押さえ、 

自己成長を「習慣化」しているからこそ、
優秀なリーダーは「成長の壁」にぶつかることなく、 

自己成長を続けることができるのです。

 
それでは、そんな「習慣」は、 
どうやって身につければ良いのでしょうか?

今回の研修では「3時間」をかけて、

じっくりと「成長を習慣化」するための方法をお伝えします。

自己成長を習慣化して、

半自動的に成長し続けるための 第一歩を、
ぜひこの機会に踏み出してください!

 



 
1 思考のシフトチェンジ

2 自分の人生を振り返る

3 リーダーとして運を引き寄せる8つの技術

4 ブレない価値観を持つ

5 傾聴力を身に付ける

6 結果を出しているリーダーの4つの共通点

7 魅力的なリーダーになるために捨てるべき3つのもの

8 リーダーの魅力を高めるためのスピーチ力

 
※ディスカッション・ワークを中心に進めていきます
※講義内容は急遽変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。



 
□ 社長としての考え方が間違っていました!
 
社長としての自分の考え方の間違いに気付きました。
また、社員への接し方、社員育成のポイント、上司であるには「どうあるべきか!」
とても勉強になりました。ありがとうございます。 
(経営者)
 
 
□ 成果に繋がると確信しました!
 
なぜ指示が伝わらないのか、動いてくれないのかと日々悩んでおりました。しかし、嶋津さんの講義を受けて、そもそもの考え方が根本的に間違っていることに気付かされました。これから考え方を改めて日々仕事をすることで成果に繋がると確信しました。もっと早く受講すればよかったと思いました。
(大手企業:役員)
  
 
□ 講習内容すべてに共感できました!
 
講習内容すべてに共感できました。優秀な部下を作ろうと日々訴えかけてきましたがうまくいかず、頭打ちでしたが間違えに気づくことができました。まずは自分のスキルアップをし、一言一言を大事にし、感情をこめて部下に問いかけていきたいと思います。
必ず部下と話しをしたあとに、何が分かったのか聞き直し、価値観等の距離をなくしていこうと思います。また、コミュニケーションを数多くとっていきたいと思います。
(大手企業:役員)
 
 
□ 「リーダーシップ」の根本的な考え方が変わりました!
 
「リーダーシップ」というものの根本的な考えが変わりました。リーダーとはどうあるべきか悩んでおりましたが、このセミナーで具体的にどう行動すべきかが見えてきました。実践していきます。
(経営者)
 



各会場の日程をご確認の上、下記フォームよりお申込ください。
お申込が完了すると、ご登録頂いたメールアドレスに確認メールが届きます。
(必須)
例)山田 太郎
(必須)
例)ヤマダ タロウ

株式会社〇〇〇〇
(必須)
例)mail@example.com
(必須)
例)mail@example.com
(必須)
例)03-1234-5678
(必須)
(必須)




※サービス提供に必要なお客様情報について弊社と業務提携先が共同で管理運用します。

【お申込み受付中セミナー】