HOME > 開催スケジュール > 2017 > やる気の引き出し方 - ダイヤモンド・サイクル

 

 ●  社員のやる気が感じられない…
 
 ●  社員のやる気の引き出し方、
 モチベーションの上げ方が
 わからない…
 
 ●  人によって
 やる気やモチベーションの高さが
 違う…
 
 ●「もっとやる気を持って
 取り組んでくれたら・・・」
 と悩んでいる…
 
 ●  気持ちのムラが
 仕事のムラにつながっていて困る…
 
 ●  社員(部下)が
 付いてきていない気がする…

 
今回はこのようなことを
お考えのビジネスリーダーの方に
特にオススメのセミナーです。
 
 


なぜ、社員はやる気にならない


 
「どうすれば社員が
やる気になるだろう・・・」
 
社長ならば、
常にこ悩みを抱えているでは
ないでしょう
 
ハッパをけてみり、応援してみりと、
社長や上司はあ手こ手で、
部下モチベーションを上げようとします。
 
でも、上手くいない。 
 
上手くいっように見えても、
すぐにモチベーションが下がってしまう…。
 
なぜ、社員や部下は
やる気になってくれないでしょう
 
そもそも、人やる気引き出すめには、
一つコツがあります。 
 
それは「人間は感情で動く」という前提で考えること。
これを深く理解し、正しいアプローチをすれば、 
社員や部下に、やる気がみなぎり、
イキイキと仕事を始めます。

メンバーが高いモチベーションを維持できる環境を
作るもリーダー役割です。

 
やる気を高め続ける 
やる気善循環」=「ダイヤモンド・サイクル」を
作りましょう!


やる気引き出すとは?


 
モチベーション・マネジメントで
「1:1.6:1.6二乗 法則」
というもがあります。

これは、他人ら強制されて
いやいややっとき効率 =「1」とすると、
法則が成り立つというもです。  
 
◯ 他人強制でも、
納得してやっとき効率 =  「1.6」
 
◯ 自分で計画に参加し、
納得してやっとき効率 =  「1.6二乗」
 
 「1.6二乗」は「約2.5」です。
社員やる気引き出し
自ら仕事を進める環境をつくれば、 
同じ社員でも効率が2.5倍になります。
 
効率が高まるということは、 
売上を高める可能性が高まるということ。
 
生産性を高め、
より良い仕事を社員にしてもらうめにも、 
やる気引き出し」は非常に大切なスキルです。
 
機会にぜひ、
正しい「やる気引き出し」を身につけ、 
チーム効率を進化させましょう!


お伝えする内容


やる気引き出す目的・意味・重要性
やる気引き出す5つ環境
3 心動されるリーダー×やる気を破壊するリーダー
やる気出る!
 モチベーションが上がる仕事与え7ステップ
やる気引き出す上手なほめ・叱り
 
※一部内容が急遽変更になることがございます。

 

嶋津良智氏の講演にご参加いただいた方の感想


   
□ 社長としての考え方が間違っていました!
 
社長としての
自分の考え方の間違いに気付きました。
また、社員への接し方、
社員育成のポイント、
上司であるには「どうあるべきか!」
とても勉強になりました。ありがとうございます。
 
                            (経営者)
  ……………………………………………………………………………………
 
□ 成果に繋がると確信しました!
 
なぜ指示が伝わらないのか、
動いてくれないのかと日々悩んでおりました。
しかし、嶋津さんの講義を受けて、
そもそもの考え方が
根本的に間違っていることに
気付かされました。
これから考え方を改めて日々仕事をすることで
成果に繋がると確信しました。
もっと早く受講すればよかったと思いました。
 
                        (大手企業:役員)
  ……………………………………………………………………………………
 
□ 講習内容すべてに共感できました!
 
講習内容すべてに共感できました。
優秀な部下を作ろうと
日々訴えかけてきましたがうまくいかず、
頭打ちでしたが間違えに気づくことができました。
まずは自分のスキルアップをし、
一言一言を大事にし、
感情をこめて部下に問いかけていきたいと思います。
必ず部下と話しをしたあとに、
何が分かったのか聞き直し、
価値観等の距離をなくしていこうと思います。
また、コミュニケーションを
数多くとっていきたいと思います。
 
                        (大手企業:役員)
  ……………………………………………………………………………………
 
□ 「リーダーシップ」の根本的な考え方が変わりました!
 
 「リーダーシップ」というものの
根本的な考えが変わりました。
リーダーとはどうあるべきか悩んでおりましたが、
このセミナーで具体的に
どう行動すべきかが見えてきました。
実践していきます。
 
                            (経営者)
  ……………………………………………………………………………………



各会場の日程をご確認の上、下記フォームよりお申込ください。
お申込が完了すると、ご登録頂いたメールアドレスに確認メールが届きます。
(必須)
例)山田 太郎
(必須)
例)ヤマダ タロウ

株式会社〇〇〇〇
(必須)
例)mail@example.com
(必須)
例)mail@example.com
(必須)
例)03-1234-5678
(必須)
(必須)




※サービス提供に必要なお客様情報について弊社と業務提携先が共同で管理運用します。

【お申込み受付中セミナー】